ボキボキしない葵整体院

静岡県浜松市北区三ヶ日町大崎2035-4

よくあるご質問

よくあるご質問

整体について

整体は、整形外科、接骨院・整骨院と何が違いますか?

整形外科、接骨院・整骨院は、国家試験に合格した国家資格者が治療・施術を行い、保険診療が可能です。
一方、整体は、民間療法で、全額自己負担です。

整体は、保険診療では扱えない症状や、国家試験の知識や技術では対応できない症状に、対応する技術だと思っています。
事実、国家資格を持っているにも関わらず、民間療法だけで施術している方もおられます。

したがって、何回か保険診療を受けて、改善が得られない場合、整体を受けることをお勧めします。

ただし、柔道整復師が営む接骨院で、腰痛や肩こりといった慢性疾患に、保険を使うことは違法です。
国家資格の柔道整復師は、骨折・脱臼・打撲・捻挫の急性・亜急性の疾患を扱う技術ですので、腰痛や肩こりなどの慢性疾患は専門外で、したがって、保険の請求もできません。
柔道整復師等の施術にかかる療養費の取扱いについて(厚生労働省)

接骨院の不正請求の共犯者にならないように注意しましょう。

痛くないですか? 余計に悪くなることはないですか?

手技自体は、身体を揺らしたり、触ったり、やさしい手法です。

ボキボキしたり、強く揉んだりといった、筋肉組織を壊すような強い刺激を身体に与えることは一切しません。
だから、揉み返しといった現象は起こりません。

また、骨格の歪みに対し、力を加えて矯正することはしません。
したがって、矯正ミスによって、余計に痛くなるようなことはありません。

ただし、部分的にリンパ液の流れ等が滞留しているところがあると、不調が出ることがあります。
ほかの部分が良くなっているので、その症状は数日でおさまります。

また、当院の整体には、免疫力を高める効果があるため、体内にウイルスなどが潜んでいる場合、整体後に発熱することがあります。

何回で治りますか?

各個人の生活習慣によって、大きく影響を受けますし、人によって回復力が違うので、わかりません。

一般的には、通院間隔が短いほど、短期間で改善します。
たとえば、整体後、まだ生活に支障があるほどの痛みがある場合、翌日も整体を受けたほうが改善が早くなります。

なお、整体後、痛みがないからといって、治ったわけではないので注意してください。
検査で異常が出ていた場合、痛みが出るレベルではないというだけです。

いつまで通えばいいですか?

自覚症状がなくなった時点で、整体を終えている整体院が多いですが、潜在的な異常が残ったままですと、いずれ症状が戻ります。
そうなると、結果的に通院回数が多くなってしまうため、お勧めしません。
葵整体院 通院目安
基本的には、自覚症状がなく、かつ、検査でも異常がなくなった時が、整体の終了です。

しかし、痛みを引き起こした元々の原因は生活習慣にあるわけですので、それを改善して維持し続けない限りは再発します。
悪い生活習慣から来る以上、自分だけでその状態を維持するのは困難です。

また苦しい思いをしたくなければ、3週間に1回、整体を受けて、良い状態をキープすることをお勧めします。

着替えは必要ですか?

普段着のまま、整体を受けることができます。
ただし、膝を曲げたりしますので、ジーパンなど窮屈な履物は避けてください。
ジャージやスウェットなど、リラックスできる服装がベストです。

もし、着替えられる場合には、豊川施術所には、更衣室を完備しています。
三ヶ日施術所には、更衣室がありませんので、施術室で着替えることになります。

どういう施術ですか?

特定の療法に縛られず、様々な療法をベースとして、自分のスタイルを構築し、患者さんに合わせた施術を行っています。
具体的には、カラダと対話し、その答えに従って、体に優しい施術で回復のキッカケを与え、あとは自然にお任せする施術をします。
施術は、半数以上の方が施術中に眠ってしまうほど、体に優しい施術です。

整体院とヒーリングサロンとの中間に位置するところだと思って頂ければ結構です。
整体師のように、外から力の刺激を与えて調整する手技はあまり使いませんし、かと言って、ヒーラーのように、手をかざして調整するわけでもありません。
その中間的なやり方を行っていますので、整体師でもなくヒーラーでもなく、施術家だと思っています。

特に、カラダとの対話を重視しています。
何が回復を妨げているか、どういう施術をして欲しいかをカラダに訊きます。
カラダに訊く方法は、数種類あり、状況に応じて使い分けています。

その結果によっては、他院を紹介することもあります。
例えば、外から力の刺激を加えたほうが良い場合は、知り合いの整体師を、触らず調整したほうが良い場合は、知り合いのヒーラーを紹介する場合もあります。

保険について

健康保険は使えますか? 

保険診療は行っておりませんので、使用できません。

保険診療の効果は、限られています。
健康保険が使えるからといって、効果のない治療を受け続けても、大切な時間の浪費です。
整体は、保険診療では扱えない症状に、対応する技術だと思っています。

また、接骨院を営む柔道整復師の資格は、腰痛・肩こりといった慢性疾患を扱う技術ではなく対応できず、保険を使用するのは違法です。
ところが、保険の不正請求をしている接骨院が多く、度々、摘発されています。
不正請求の協力者とならないように、注意しましょう。

交通事故に遭いました。自動車保険は使えますか?

加害者が加入されている損害保険会社との交渉次第です。
特に、自賠責保険で支払われる金額を超えると、損害保険会社からの支払いになるため、(内規に従って?)いろいろな理由をつけて断ろうとしますが、整体がダメという法的根拠はありません。
また、自分が加入されている損害保険会社にも、一度、相談してみてください。

私も交通事故の被害者の経験があります。
被害者にとって不利なことを言われた場合、損害保険会社の都合で言っている場合もありますので、「法的な根拠を示してください」とはっきりと尋ねてください。

病院・接骨院などでは、交通事故の場合、自由診療になりますので、ここぞとばかりに診療報酬を2倍~3倍に設定して、高額にします。
当院の場合、交通事故であっても、施術料を上乗せすることはありません。
損害保険会社に交渉する際、「この整体院は、交通事故でも通常料金です」と伝えてみてください。

なお、診断書は、病院から入手してください。
また、損害保険会社が支払うと認めた場合、料金は、当院が保険会社に請求することになりますので、当院への支払いはありません。

症状について

病院で原因不明と言われたのですが、治りますか?

「検査で異常がないから正常だ」と診断する医師もいますが、症状がある以上、その原因は必ずあります。

最近は、検査機器に頼り切りで、触診どころか問診すら疎かにする医師が増えてきました。
症状が起きる実際の話をしているにも関わらず、そんなことはないと否定する医師に出会ったことがあります。
自分の理論に合わないと、事実を捻じ曲げようとする態度には呆れます。

CT検査やMRI検査、血液検査などでは、見つけられない異常はたくさんあります。

当院で用いている特別な検査法で、異常の原因がわかったケースは少なくありません。
また、症状のある部分から離れた部分が、異常の原因がなっているケースがほとんどです。

○○症は治りますか? 病院やほかの治療院で治らなかったものが治せますか?

症状が改善するかどうかの一番の鍵は、その技術が自分に合っているかどうかです。
技術レベルが高いと言っても、その技術が影響する範囲内だけの話なので、合っていなければ関係ありません。

ほかでダメだったのが、ここで良くなる可能性があるのは、近隣で同じ技術を使っているところが無いからです。
違う技術であればあるほど、可能性は生まれます。

どんなに重症な方でも、まずは、3回整体を受けてみて、症状の改善がみられるどうか確認してください。
こちらで指示した施術間隔で、3回整体を受けて、少しでも改善がみられれば、この療法があなたの症状に合っているということです。

なお、施術直後は症状が軽減して、その後、症状が戻るのは、生活習慣などのご本人の問題です。

うちの整体では合わないと判断した場合、ほかの療法の先生をご紹介する場合があります。
整体技術向上に努めていますが、5~10%の割合で、変化がみられない方がおられます。

3回整体を受けて、症状に全く変化がない場合、どうすればよいですか?

3回整体を受けて、整体直後もその後も、どちらも全く症状の変化がない場合の改善率は、3割程度にまで落ち込みます。

原因としては、症状と整体法が合っていない、あるいは、何らかの理由で、体が検査を拒んで核心となる答えを返してくれない、などが考えられます。

他に行く宛がないなど、特別な理由がない限り、他院を探したほうが良いと考えます。

ただし、症状によっては、自覚症状に変化はなく、潜在的な異常だけが減っていく場合もあるため、検査で出てくる異常が減っている場合は除きます。

手術が必要と言われたのですが...?

椎間板ヘルニア、骨頭壊死、半月板損傷など病院で手術が必要と言われるケースがありますが、一度、当院にお越しください。

特に最近では、半月板損傷で当院を訪れる方が多くなっていますが、ここで改善しています。

当院に来院される方のなかには、手術しても痛みが変わらなかった方、手術によりさらに悪化してしまった方などがおられますので、手術は、あくまで最終手段だと考えてください。

時間的な余裕があるのであれば、自分の大切な身体を傷付ける前に、本当に必要かどうか整体を受けてからでも遅くはありません。

対象者について

妊婦でも大丈夫ですか?

楽な姿勢で整体を受けることができ、かつ、やさしい整体なので大丈夫です。

当院の整体を受けたことがなく、ご心配ならば、安定期(妊娠12週目以降)に入ってから、お越し下さい。
妊婦特有の症状も多数ありますので、ぜひご来院ください。

小学生や高齢者でも大丈夫ですか?

ボキボキしないやさしい整体なので大丈夫です。

歳だから良くならないんじゃないかと心配される方がおられますが、年齢的な要因よりも、生活習慣の影響のほうが大きいです。
高齢でも、あっという間に改善された方がいます。

乳児や幼児でも大丈夫ですか?

幼児で、施術中、ジッとしていられる子ならば、通常の施術が可能です。

乳児や動きまわる幼児の場合、代理施術による施術のみとなります。
代理施術の詳細については、「代理施術について」のページをご覧ください。

生理中でも大丈夫ですか?

何も問題ありません。
生理痛などは、その時に来て頂いた方が、手技が効いているかどうか確認ができます。

ご心配ならば、バスタオルをお持ち頂き、身体の下に敷いて頂いても構いません。

施術者について

どういう方が施術しますか?

整体師にもいろいろなタイプがいます。

営業マンのような整体師もいれば、職人気質の整体師もいます。
たとえば、ホームページで、患者さんと一緒にVサインして写真を撮っているような方は、営業マンのような整体師です。

私の場合は、施術にこだわる職人気質があると思っていますので、症状を細かく聞き、施術も説明も丁寧にさせて頂きます。
とはいえ、治してやる感満載の上から目線の高慢な治療家ではありませんので、整体の最中でも、お気軽に声をかけて頂いて構いません。

施術者が、自分で原因を判断し、施術法を決めるところでは、上から目線になりがちで、上下関係を作ります。
ここでは、患者さんの身体から答えで、原因を特定し、施術法を決めますので、お互いフラットな関係になります。

私のプロフィールや整体に対する思いは、「自己紹介」のページを御覧ください。

整体に行く/やめる

予約時間に遅れそうなのですが、どうすればよいですか?

どの程度遅れそうなのか、電話でご連絡してください。
その時の予約状況によっては、別の時間に再予約をお願いする場合があります。

ご連絡なしで遅れた場合、その分、施術時間が短くなり、施術が不完全となる可能性があることをご理解ください。

予約時間よりも早く着いてしまったのですが、施術できますか?

営業時間前の場合、準備が完了していれば、施術します。
営業時間中は、前の方の施術が終わっていれば、施術します。
それ以外の場合は、中で待って頂いて構いません。

近隣にも関わらず30分以上前に来られるなど、自分勝手な行動をする方だと判断した場合、次回以降の予約をお断りします。

車で行って駐車する場所は、ありますか?

当院の目の前、すぐ横ほか、空いている場所に駐車してください。

行くのを忘れていました。どうすればよいですか?

予約時間を過ぎて数日中に連絡がない場合(当日予約の場合は、当日中に連絡がない場合)を、無断キャンセルとして扱っています。

しかし、人間ですので、忘れていたり、日時を勘違いしたりすることはあります。
したがって、当院では事後の連絡を認めており、お電話で「忘れてました。」と一言お願いします。

事後の連絡もしない方については、社会人としてのマナーがなく、信頼関係が築けませんので、無断キャンセルとして扱います。

その他

物などを押し売りされませんか?

「全国○○普及会」「日本○○連合会」等の団体に所属している治療院にみられるような、高額なマットを売りつけたり、整体師になることを勧めたりもしません。

手から、あるいは足から、異常が来ている場合、回復を早めるために、リストバンドや矯正用靴下などを勧めることはありますが、購入されなくて構いません。
ご本人が、お決めください。

領収書は頂けますか?

言って頂ければ、領収書を発行します。
クレジットカードでの支払いの場合、「カード払い」と但し書きさせて頂きます。

整体は、医療費控除の対象になりませんので、ご注意ください。

当ホームページに掲載された情報は、著作権法によって保護されています。
文章およびその構成・画像等の転載・模倣を、一切禁じます。